FrontPage

電話予約について

新型コロナ対策として下記の症状のごとく、感冒症状が強く出ている方は、当日の受付に直接お電話ください。看護師・医師が電話対応いたします。

まず、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合には、埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター0570-783-770(24時間受付)にご連絡ください。

サポートセンターが繋がらなかったり、「かかりつけ医へ」と言われた方が来院される場合には、電話予約システムを使用せず受付に直接お電話され、症状等お話の上、受診してください。

当院受診可能か他症状もお聞きし、医師が判断してからの診察となりますので、ご了承のほどお願いいたします。

新型コロナに対する当医院の対応☚重要

①~③をよくお読みになってください。

新型コロナの流行により、発熱の患者様、あるいは前日発熱があり、今朝一旦 解熱されている患者様は予約電話で予約したり、直接受診しないで下さい。
一度、診察時間内にお電話いただき、私が診られる状態なのか判断して、お答えしますのでよろしくお願いいたします。

新型コロナ対策のため、現在 基本的にネブライザーによる治療を休止しています。

ネブライザーは薬液をエアロゾル化し病巣まで到達させ加療する目的で施行しています。
一般的な副鼻腔炎等の治療効果は認められますが、この度のコロナウィルスに薬液が汚染されるとエアロゾルとともに感染を広げる原因になります
今回の新型コロナウィルス対策の一環として、当分の間 ネブライザーによる加療を休止いたします。

新型コロナの流行状況は日々変化していますが、現状では封じ込めに成功しているとは言えません。
現在、医療従事者にもかかっている人が増えてきています。また、我々は患者さんからうつされる危険性にもさらされています。 
スタッフ一同、健康管理には気を付けていますが、何時かかってもおかしくありません。毎朝、体温測定をし、発熱を認めたり、体調不良が認められた職員はお休みします。そのため診療の体制が縮小される可能性があります。

また院長自身が体調不良の際は、すぐ休診にいたします。

        あらかじめご了承ください。      

(できうる検査で、私たちがウィルス感染(=コロナ)ではないと確信できた場合はすぐに診療を再開いたします)  
院 長

 診療科目

   耳鼻咽喉科

 診療時間 

時間
午前9時-12時
午後2時30分-4時30分

 休診日

 木曜・日曜・祝日と土曜の午後
 学会、研修会・お盆等で診療時間、休診日など変更するときがあります。
 前もって、ご案内するように努めますが、ご了承のほどお願いいたします。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional